巨乳プリンセス催眠「下賤な貴方のモノを……んちゅっ、んじゅるるる……れろっ、しゃぶったりするものですか!」

巨乳プリンセス催眠「下賤な貴方のモノを……んちゅっ、んじゅるるる……れろっ、しゃぶったりするものですか!」
总分(平均) :
巨乳プリンセス催眠「下賤な貴方のモノを……んちゅっ、んじゅるるる……れろっ、しゃぶったりするものですか!」
开发商:ルネ
官方网站:暂无
发售日:2017/12/22
年龄限制:R-18
类型:
显示模式:2D
元素:
剧本:
原画:
游戏评分 ×
您已经提交过评分,重新提交会修改先前的评分

动画

暂无数据~~

游戏介绍

暂无数据~~

故事情节

玉座の間は、その静謐な調度とは裏腹に、燗れきった空気に包まれていた。 巨大な扉から続く絨毯の通路には、王宮に仕える女たちがあられもない格好で股間から精液を垂れ流し横たわっている。 揃いも揃って悩ましい吐息を漏らし、つい先程まで狂宴があったことを知らせていた。 そして、その奥にどっしりと備わる玉座には、ノーブルなドレスに身を包んだ女が二人。 サフィーナ「ちゅぱ……れろ、ん、あむ……はむ、ぴちゃ……んちゅ……」 タマンナ「くぽっ、れろ、えろっ……あ、んむ……んりゅ……んむ、ちゅぷ……」 まだ若く、どこかあどけなさを表情に残すのは、苦しゅう王国の第二王女、サフィーナ・ターニ・クルシュ。 その隣、女の若い盛りは過ぎつつも、芳醇な艶やかさをこれでもかと漂わせるのは、クルシュ王国の第二王妃、タマンナ・クルシュ。 そんなやんごとなき身分の親子二人が、王には見えない男の元に跪き、従順な隷属の如く振る舞っていた。 ファラーシャ「やめなさいっ、二人とも神聖な玉座の間で何をしているのですっ!」 「……姫騎士、ファラーシャか……」 男に剣をむけたのは、クルシュ王国の第一王女・ファラーシャ。 背中の半分まで覆うブロンドの髪をなびかせ、口元をきりりと引き締めた端正な顔立ちは率直に美人と言っていい。 ファラーシャ「我がクルシュ王家の神聖なる玉座の間……父の玉座からすぐに離れなさいっ!」 狼藉を罰するにはもはや切り捨てるのみ、剣を向けたファラーシャに、男はそっと自分の喉を押さえながら言葉を発する。 『控えよ、王に対して無礼な口を聴くな』 ファラーシャ『……っ……!』 短い命令が紡がれた瞬間、ハッとファラーシャの体から力が抜けた。 と同時に、構えていた剣から殺気も消えて、その瞳に宿っていた炎のような意志も曇っていく。 ファラーシャ「……………………」 虚ろな視線……それは、サフィーナとタマンナが見せた、自らの意志を見失った操り人形のような意志の濁ったそれだった。 ファラン「どうした、ファラーシャ。いつまでその剣を向けているつもりだ?」 ファラーシャ「これは……申し訳ございません……。ご無礼を致しました……国王陛下……」 再び呼びかけると、ファラーシャはハッとしたように頭を下げ、同時に構えていた剣も元に戻した。 ファラン「ふん……そのような棒立ちで、よもや謝っているつもりではあるまいな?」

人物介绍

ファラーシャ・アワル・クルシュ CV:大和桜

正統な血筋の第一王女。 血筋を次ぐものとしての重圧を受けながら育つ。 父譲りの剣の才能もあり文武両道だが「姫」であり 「王子」でないことを周りから残念がられ 「女でも国を治められることを証明する」ために躍起になっている。 「私はこの国の第一王女。それにふさわしい勤めを果たすのみです」


サフィーナ・ターニ・クルシュ CV:青井美海

タマンナの娘であり第二王女。 王女として風格のあるファラーシャよりも、親しみやすいせいか民衆の人気は高い。 姉であるファラーシャには憧れているが、自分の立場としてそれが出来ないのもわかっている。 「自分は義姉と争うつもりはないのに」という本音だが、母と周りがそれを許してくれない。 「姉様とは争いたくないのに……どうして、こうなってしまうの?」


タマンナ・クルシュ CV:長原杏子

ファラーシャの継母であり、サフィーナの実母。 もともとは豊かな隣国の王妃だったが、クルシュ王に目をつけられたことで国ごと略奪されてしまう。 本来は心優しき女性だがその美貌と豊満な肉体は男を拐かすのに十分で、 今の王妃になる前までも他の国では「戦利品」として扱われてきた。 その為、男を喜ばせる夜伽の技術が肉体に染み付いてしまっている。 「あの子を王にするためなら、この体、存分に使わせてもらいましょう……」


クザハ CV:烏丸そら

主人公を助けて王の血筋だと告げた人物。 仮面をつけてローブを纏っているが、その中身は女性。 主人公に"マスィールの卵"を渡して、選択を迫る。 「……貴方にはこの国を手に入れる権利があります」


ファラン ※名前変更可能 CV:N/A

主人公。 貧民街で暮らしていた男性。 王により国を滅ぼされ、そこの王妃が凌虐された末に出来た子供だと母から 聞かされて育つも、いつしかそれは妄言だと考え、日々をどう生き延びるかで精一杯だった。 クザハより"マスィールの卵"を受取り、その能力を使って国を手に入れる。 「王家の争いなんてくだらない。こっちは、明日を生きるのに精一杯なんだ」



游戏 CG

暂无数据~~




您需要登录后才能发表评论, 登录 或者 立即注册
添加标签×
已有标签:
输入标签: